ペットを飼うなら

ペットを飼う場合、どのようなペットであっても飼う前にしっかりと考えることが重要です。
まずペットの種類にもよりますが、飼うことができる環境かということが重要です。
ペットは長く飼うものなので、途中でこのマンションはペット禁止だったから、飼えないなんてことがあっては大変です。

ペットを飼うということは1つの命を預かるということなので、そこのところを忘れないようにしましょう。
例えば犬猫は飼えないところであっても、ウサギやモルモットなどならOKというところもあります。
また小鳥などはあまり禁止というところは少ないようですが、小鳥が禁止というところも実はあるのです。
匂いや毛が飛ぶということで、近所で嫌う人もいるためです。

また、マンションや家では飼っていけないという規制がなくても、近所の人から苦情が出たらそのままにはできません。
そのため泣き声の大きな犬などは、きちんと教育をすること、散歩に連れて行くことなどが条件になります。
それができなければペットも不幸です。
また犬などは毎日の散歩をしなければノイローゼになってしまいます。
しっかり毎日散歩に連れていってやれるか。
そんなところまできちんと考えてから飼うようにしましょう。

またペットが病気になると、どうしても無保険診療なので高くなります。
それでも病気になったときにはきちんと病院にもつれて行き薬も飲ませるだけの準備もしておく必要があります。
最近では月々1000円程度でペットの保険もあるので、そのようなことも考えておくことも重要です。
このようにペットを最後まできちんと飼うことができる自信があったらペットを飼う資格があると言えるのではないでしょうか。



Copyright © 2014 ペット飼うならペット保険は欠かせない All Rights Reserved.